ウィルスの違い

標的型攻撃は、ウィルスとは違い、メールなどを介してプログラムを標的のパソコンに仕掛ける事をいいます。通常のウィルスとは違い、人の手によって巧妙に仕掛けられるため、多くの被害を生んでいるのです。

Read More

攻撃による手口

標的型攻撃では、まず第三者が入念にネットからセキュリティによる環境を下調べし、そのセキュリティの弱点をついてプログラムを侵入させます。侵入されたとしてもパソコンの異常はわからないため、多くの情報が漏れてしまいます。

Read More

メールの検閲

標的型攻撃では、多くがメールによって行われるため、セキュリティ会社は外部からの不審なメールが届かないように対策を施してくれます。ネットからは多くのメールが勝手に送られる場合があるため、こうしたメールの対策が必要なのです。

Read More

情報を漏らさない

標的型攻撃の対策として、万が一侵入された事を想定し、対策を取る必要があります。標的型攻撃では必ず外部の人間へと情報を流すバックドアを構築するため、こうしたバックドアが作られないようにセキュリティ会社は対策してくれます。

Read More

社内での教育

セキュリティ会社へ依頼することにより、使用しているパソコン機器の安全性を調べてくれる他に、社員への教育も行ってくれます。標的型攻撃ではフィッシング詐欺などが多く行われるため、引っかからないための教育も必要となります。

Read More

問題となるネット犯罪

IT関連の技術の進歩によって、どの企業であってもパソコンを用いた業務を行うものです。
パソコンは、簡単な操作で情報の管理や業務におけるデータ入力を行えるため、いまやどのオフィスでも必須の機器となっています。
しかし今、こうしたパソコンを安全に使用するためには、十分なセキュリティ対策を行う必要があるのです。
インターネット上では、多くの人が情報のやり取りを行っています。
世界中のさまざまな人と情報の交換が瞬時に行えるインターネットは、今や私達の生活に取ってなくてはならないものとなりつつあります。
ですが、多くの人と繋がることができるという事は、裏を返せば悪意のある誰かとうっかり接点をもってしまう場合もあるということです。
現在ネットでは、特定の人のコンピューターに何らかのシステムを紛れ込ませることで、不正に情報を得るという標的型攻撃と呼ばれるサイバー犯罪が問題となっています。
標的型攻撃では、悪意のある第三者の手によって、所有しているパソコンから情報を抜き取られてしまうことです。
名前の通り標的とする人に対して欲しい情報を盗んでしまう行為であり、その手口は大変巧妙であるため、仕掛けられたとしても気づかない場合が多くあるのです。
こうした世間を騒がせる標的型攻撃に対して、対策を行うことができるのが、ネットでのセキュリティ対策を行ってくれる会社です。セキュリティ会社は、こうした標的型攻撃に対してバソコンを調べあげ、情報が抜き取られていないかを確認してくれます。